実施要領

実施要領

1 投票ボードについて
(1)
 90cm×130cmほどの発砲スチロール板、または(未使用)ダンボールに紙を貼って作ってください。これで約400票投票可能です。いずれもホームセンターで売っています。これを高さ90cm~100cmぐらいの台にのせるか、または人が持ってください。  
(2)
 投票ボードの上部に以下のように書いてください。

        秘密保護法に
  賛成   わからない   反対 

  ( 4     : 1 :     4  )   スペース比

文字は大きな字で明確に書いてください。賛成、わからない、反対、の文字の下のボードにシールを貼ってもらいます。上記の岡山市の投票で使用した文字をこのHPからダウンロードできます。

2 投票の仕方について
 投票ボードを人通りの多い所に設置し、投票ボードの前を通りかかる人に 丸いシールを渡して投票を呼びかけてください。「シールを貼るだけですか ら」と言ってシールを渡せば、多くの人が「賛成」「反対」「わからない」のいずれかの箇所にシールを貼ってくれます。シールは台紙に貼ったもの(直径18mmくらい)を文房具店で買ってください。シールの裏は粘着性があるので、台紙からはがして渡せば、そのまま投票ボードに貼ることができます。
3~4人でシールを配布すれば、1時間で約200票集められます。可能であればハンドマイクで投票を呼びかけてください。

3 ちらし、説明補助ボードについて
 多くの人は秘密保護法のことを知りません。そのため、秘密保護法の簡単な説明を書いた補助ボードとちらしを使用してください。(下記の倉敷市の投票参照)。いずれもこのHPからダウンロードできます。ちらしは投票に誘う際、渡してください。

4 実施主体、対マスコミについて
 投票を実施していただく際は必ずマスコミ(新聞社、テレビ局)に知らせてください。
実施主催者名は、実施してくださる個人・団体にお任せしますが、マスコミには「秘密保護法 賛成?反対?全国投票」の呼びかけに応じて全国統一的に行っていることを伝えてください。そうすれば、マスコミは、より大きな関心を示してくれるはずです。投票の際は、投票の公正さを保つために、賛否の明確なのぼり旗などの掲示や、賛成・反対の宣伝などはお控えください。
[PR]
by himith | 2013-10-13 16:18